荒野の おおかみ

孤独 諦観

遠藤「銃と十字架」読了

08/27(土)
  寝ていて両足の脹脛の下方がつって痛んだ。昨夜僅か約22分歩
  いただけでこのザマである。
  04:52起床。
  やはり眠い→ 横になる34分。
  遠藤銃と十=30分15頁(-p217)。
  無気力→ 朝寝2時間38分。
  スーパー「せ」i店(269。2食等\1,360)、
  12:15帰宅。
   


  遠藤周作『銃と十字架』(1979 中央公論社)=19分11頁(
  読了。8日かかった。図書館より借りもの。
  主人公ペドロ岐部は1600年有馬神学校に入学し、1614年迫害を
  逃れてマカオに渡った。しかし神父になれなかったため、ゴア
  を経由して、単身ローマにたどり着いた。そしてついに1620年
  神父に叙品された。本書はこのペドロ岐部の短い生涯に焦点を
  当てるが、残された資料が少ないため、その人物像も想像に頼
  るしかない。そして背景として日本における切支丹の迫害の徹
  底ぶりがやや重複気味に描かれる。
  結局、本書は、日本切支丹迫害史の様相を呈し、ペドロ岐部は
  数多い犠牲者の一人として後方に退いてしまう。私は支倉常長
  に焦点を当てた『侍』のような小説を期待していたので裏切ら
  れた思いがある)
  (計 26頁)。
  15:15 REALGOLDを飲む。
  ネットサーフィン(PC)29分。
  場所はベランダ側で、立って、
  スマホによる西尾岳史ヴォイトレ(2) 11分、
  場所は蔭部屋で、立って、小声で(でもないか)、
  Mp3データによる石川芳ヴォイトレ21分

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代おひとりさまへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ