荒野の おおかみ

様々な夢見のうちに老いてゆく

山田「水中庭園」読了

05/01(水)
  昨夜のMonster(9xx号室のキチx゙イ女)は→
  20時台 東向き和室の上で足音を立て、「ガタン」「ゴトン」
  と音を立て、サッシ戸を「ガラガラドン」。
  05:02起床。
  マ管速テ=30分7頁(-p196)。
  07:32~07:40頃 9xx号室のキチx゙イ女が床板をコツン・コツンと叩く攻
  撃(音は小)。
  ネットサーフィン(PC)55分。
  09:39頃 9xx号室のキチx゙イ女が「ガラガラガターン」。
  山田水中庭園=30分23頁(-p323)。
  マ管速テ=09分3頁(-p199)。
  往路は非常に寒かった、
  S市役所地下食堂(159。日替り定(ポークチャップ)\630 +
  朝食用お握り\140)、
  M生協St店(414。夕食\384)、
  T図書館(返却・借り出し)、
  往復自転車(図書館だけ往復地下鉄)、
  13:43帰宅。
   


  山田智彦『水中庭園』(1989 福武文庫)=30分27頁(読了。
  6日かかった。主人公早坂靖雄は岐阜県で育ち、高校を卒業す
  ると上京して早大文学部の独文科に入学する。昭和30年頃の学
  生生活が描かれるが、主人公の最大の関心事は、同じ高校にい
  ながら一度も話したことのない岩佐玲子のことであり、手紙を
  出したのをきっかけに交際が始まる。4年生になって就職難に
  突き当たり、岩佐の親には交際を禁じられ、彼は苦しむ。
  早坂は独文科の学生でありながら、小説中にはゲーテやマンや
  ヘッセの名は一切出て来ず、著者の執筆の都合によるものか、
  早稲田ではそういう学生が当たり前だったのか、私には分から
  ない)。
  あ~、やる気が湧かない。
  ネットサーフィン(PC)57分。
  気が滅入る。
  マ管速テ=30分7頁(-p206)
  《計 67頁》

にほんブログ村 本ブログへ にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村 クラシックブログへ にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 70代以上おひとりさまへ